a little touch of

it is better to travel hopefully than to arrive.

スポンサーサイト

2012.09.05 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - |

    あなたに届ける願い

    2012.08.26 Sunday 02:54
    0
       


      例えば

      落とし物を拾ったとして

      自分ならどうするか?

      他の人ならどうするか?

      そんな事を何時間も考えていました



      以前、財布を拾って交番に届けました。

      そうする事が普通だと思ってたから。


      "拾ったモノは交番に届けなさい"


      そういう風に教えられてきたし

      そうするべきだと思っているから。



      もし

      誰かが拾って自分のものにしようとして

      失くしたものに追跡できる機能があると知ったらどうするんだろう。


      あなたならどうする?

      知ってても持ち去る?

      知らないから持ち去る?

      知った時点で捨て去る?


      失くしたものが最後にあったであろう場所はわかったのです

      でも見つからない


      技術屋としての意地もあるし

      自分のモノじゃないだけに余計に残念に思う

      今日、出来ることは尽くした

      今は次の一歩を考えてる最中



      例えば

      大事な写真がたくさん詰まってて

      大事な人とのやり取りがそこにあって

      想い出がたくさんあったら

      自分の手元に戻って来て欲しい人の願いがあるとわかったなら


      心は動く?




      "失くした方がいけない"


      そんな考えは、元から持ち合わせてない

      性善説な生き方をしてきたから

      人を信じることが当たり前だと思ってるから


      少しでも早く持ち主の気持ちが あなたに 届く事を信じたい


      ★。uncategorized:*:・ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      2012.09.05 Wednesday 02:54
      0
        - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://mikadzuki.jugem.jp/trackback/64

        トラックバック