a little touch of

it is better to travel hopefully than to arrive.

スポンサーサイト

2012.09.05 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - |

    忘れた頃にやってきた贈り物

    2012.07.22 Sunday 01:31
    0
       

      photolibrary の QUOカードが届きました!!

      ささやかな贈り物とは言え、こういうのって嬉しいものですね。


      昨日はいろいろと嫌な事があったりして しょげてたのですが

      ひと眠りしたり 時間が経つと 忘れられるようになってる!!

      忘れたいことを忘れられるようになるのはいいことです

      ちょっと良い傾向かも(^^)


      もちろん大切な思い出は記憶の底にそっとしまっておくのです

      誰に言うこともなく






      何年も前に似たような事を書いた気がするけど

      記憶する とか 想像する とかって

      人間の持つ優れた能力だと思うのです


      あっ。

      忘れてしまった。

      どこかに書いたんだけどな



      ある二人の思いを綴ったドキュメンタリーを見ました。


      "どうして星空に魅せられるのか?"

      それは、あるプラネタリウム設計者の問いかけでした。

      その問いに応えた天体写真家(写真家かな?)の方がいらっしゃいまして

      設計者の方も "私も同じことを思ってた"  と。


      一年ほど前くらいにテレビで見た作品ですが

      二人の会話が印象的で今でも鮮明な記憶として残っています。



      私の言葉では上手く書けないのですが、確かこんな思いを綴っていました


      "宇宙にはたくさんの銀河があり、

       その銀河は数えきれないほどの星々で成り立っています。

       星はいつか寿命を迎え爆発して塵(ちり)となります。

       私たちは 銀河の星々の中で生まれ進化を遂げ 今ここに存在しています。

       私たちは星と同じで塵から出来ているに過ぎません。

       星の煌めきを美しいと思ったことがあるでしょう?

       美しいと感じるのは 私たちの源を見ている事と同じなんですよね。

       そう、私たちは美しい存在の一部なんです"



      衝撃でした

      私が思ってた 抱いていた 疑問に答えを導く人がいたなんて



      記憶という言葉が持つ意味に少し触れた気がした


      誰かが放つ言葉は時として言霊となり

      私の記憶に突き刺さる

      消えることのない美しい記憶

      いつか誰かに語り継ぐであろう美しい言霊






      ★。ゴーストのささやき:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      2012.09.05 Wednesday 01:31
      0
        - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://mikadzuki.jugem.jp/trackback/51

        トラックバック