a little touch of

it is better to travel hopefully than to arrive.

スポンサーサイト

2012.09.05 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - |

    釣り人

    2012.07.06 Friday 19:06
    0


      前にも書いたような気がしますが

      なぜだか 知らない人に 声をかけられやすいようです


      そう

      今日も見知らぬ人に声を掛けられました



      ふと思い立って魚釣りに朝から出かけたんですが

      # のんびりお気楽極楽生活してマスので毎日こんな感じ

      近くの海辺にそそくさと出かけて釣り糸投入

      すると二投目で魚が釣れた感触が!!


      釣りの仕掛けとかあまりわからないまま

      とりあえず調整しながら釣りをしようと思った矢先でしたので

      まさか釣れてるとは思いもしませんでした

      というワケで釣れたのはたぶんキス

      # kissじゃぁございません

      真っ白なお腹丸出し&セクスィーなお姿です (キスさんごめんよ)


      しばらくすると別の方がいらして

      ちょっと離れた所で釣りを始めました

      1、2時間くらいした後、雨が降りそうなお天気になりまして

      それを察してかその方は帰りの準備をしており

      そうこうしていると私の方にてくてくてく。


      "どうです?"

      "さっきのキス大きかったですね"


      と。





      KISU



      お話を聞くと栃木より出張でいらしてるとのこと

      (おぉ南国九州へようこそ!でも冬は雪降ります)


      見るからに釣り慣れたお姿なのできっと釣り好きだ!と思った瞬間

      "いっその事、こちらに住んでみてはいかがでしょう?" 

      と言いそうになるのをこらえ、話に花を咲かせました



      釣り人ってイイ人が多いですね

      気楽に声を掛けたり掛けられたりで。

      釣れても釣れなくても話が出来るっていうこのスタンスというか文化


      こういうの好きです



      そうそう

      キスを1匹釣り上げた後、その後ウンともスンとも言わず

      日焼けしてちょっと肌がヒリヒリ痛んでしまいました

      長袖のシャツを七分丈くらいにして着てたので中途半端に焼けてます

      腕の 1/4 くらいが日焼けしてるというこの半端さ...


      梅雨はなかなか明けませぬ

      紫外線はやたらと強いみたいなんですがね

      そういえば

      女性が日焼け防止に一所懸命な気持ち、なんとなくわかりました

      とはいえ、健康的な肌が一番だと思います


      少し日に焼けて

      なんとなく小麦色ってな具合が好みです


      ★。脱・若葉マーク:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      very heavy everyday

      2007.09.23 Sunday 23:15
      0


        月が沈むの頃合いを見計らって出かけてきました久住高原
        温暖化と言われる昨今
        この時間の高原は涼しくて気持ちイイんじゃないか?という淡い期待を込めて

        23:00過ぎ 福岡をガソリン満タンにして出発
        確か久住高原に着いたのは日付変更線をとうに過ぎた午前2:00
        晴れだという予報は出ていたものの山の天気は変わりやすいと聞いたことがある
        なんてったって過去 二戦二敗
        時間と労力とサイフが何度裏切られたことか...(>_<)

        到着後 下界@福岡のうだるような暑さとは打って変わった涼しげな風
        そして癒されるような静けさ&空気の清々しさ
        排気ガスにまみれた生活がウソのように浄化されていく気分(^-^)
        耳を澄ますと秋の虫たちの音楽が聞こえてココチイイ
        東の空には冬の星座が早くも勢ぞろい
        今夜のターゲット@オリオンがは夜空を彩り暗闇の高原は party 気分
        it's all good な感じ...

        にしても木々の向こうから聞こえる野獣のような声が気になる...
        彼(彼女?)のテリトリーに踏み込んでしまったのだろうか(T-T)
        そもそも山は苦手 うっそうと生い茂る木々の向こうが怖いのだ
        高原は原っぱが続く場所が多いのでその気分もちょこっと解消するけれど...
        怖かったので "ココは私のテリトリーだ" と言わんばかりに用を足してみた(爆)
        <ちっちゃい方
        # エコになってない…反省

        ときおり "ガサっ" とか聞こえてくるのも恐怖感たっぷり
        こんな所で未知の生物に襲われたらたまったもんじゃない
        カラダは鍛えておいてそんはない
        中性脂肪だか内蔵脂肪だかわかんないがこれは役に立ちそうにない
        噛まれた時に "不味い" と思われるかもしれない淡い期待はあるけれど
        こんな事なら空から舞い降りてくるUFOにアブダクトされる方がまだましだ

        そんな事を考えながら 朝 5:00 に撤退 9:00に自宅到着
        ん〜眠い

        heavy な夜はまだまだ続きそうだ
        ★。脱・若葉マーク:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        vs Orion

        2007.09.16 Sunday 08:34
        0




          三連休どまんなか
          ココ九州大陸では夜半より晴れとの予報が出ており
          頑張って起きとくどー!!
          なんて事を思ってたらいつのまにやら Zzz...(爆)
          なにかのはずみで起きてしまってカーテンを開けると夜空に星が!!
          時計をみると午前4:00

          をぉ!!
          今なら間に合うと 急いで身支度&近くの "漁場" へゴー!!
          到着時刻は午前 5:00
          なにやら東の空に明るい星が... をぉ!! 金星だなどと感動(T-T)

          先日のリベンジを果たすがごとくアンドロメダを狙うも
          行く手を阻む薄雲にジャマされ断念
          東の空には空高くまで上りつめたオリオンの勇姿が写りヤツを狙うことにした

          前回の教訓を生かしたつもりが本日も失敗(あぅー)
          極軸があってないんだろうなと反省
          なので短時間露出+コンポジットでチャレンジした写真なのです。
          んー やっぱりアレだな
          布団の中でぬくぬくと寝ていたのが今回の敗因ですな(爆)
          ★。脱・若葉マーク:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          星降る夜

          2007.09.11 Tuesday 21:49
          0
            んんん・・・
            福岡の空は明るすぎる・・・
            それ以前に私の "腕" がへたっぴすぎる(爆)

            昨晩もヒマを持て余したついでに光から逃れようと
            都心部から30kmほど遠出してきた
            これだけ離れると天の川が見えてくることがわかった
            先日のリベンジとばかりに200mm望遠+オートガイドで
            アンドロメダを狙うも時間が早いせいかいつもの場所に車がいた(涙)
            むむー
            いつその明かりで煌々と照れされるやもしれないと思うと一目散に逃げた(爆)

            星野を撮るというのは厳しい条件が多すぎる
            ・とにかく晴天な夜であること
            ・月あかりの時間帯外であること
            ・光害の少ない場所であること
            ・星野を写せるだけの機材があること

            んー
            これはかなり厳しいぞ
            晴天率ってどれくらいなんだろう
            月あかりは三日月から下弦の三日月(こんな言い方あるのか?)くらいなら大丈夫だろうか
            光害は車を二時間ほど高速を飛ばせば素敵な場所がある
            機材に関しては財布とご相談
            んー
            険しい・・・まるで切り立った崖を命綱なしで登るようだ
            んーデンジャラス

            星降る夜の道のりは遠い
            ★。脱・若葉マーク:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            shoot the andromeda

            2007.09.10 Monday 05:00
            0
              ひさしぶりに赤道儀を担いでいつもの場所に出かけた
              ココは海が目の前にある場所で しかも近くには煌々と電灯が光ってる(涙)
              写真を撮るには必ずしも褒められるような場所ではないのだけれど
              意外と天の川が見えるので "良し" と決めつけた場所なのだ(笑)
              # ホントは山に生きたいけれど遠いし怖いしで足が向かない(爆)

              さて本日は友人の結婚披露宴のためにゲットした200mm望遠レンズが
              天体写真でどんな風に写るのかを試してきました(^-^)
              この季節 夜半過ぎに天頂付近に昇ってくる秋を代表する銀河
              アンドロメダ銀河(M31) が目的♪
              いろんなサイトで事前リサーチをかけてたけれど素敵な写真が
              いっぱいあって "果たして手持ちの機材でどこまで撮れるか" を
              試したのだけれど結果から言うと撃沈...
              星が流れてしまった...

              アンドロメダ銀河アンドロメダ銀河(M31)


              オリオン座大星雲(M42)


              hmmm...
              水準器による水平出しや極軸合わせは丁寧にやったつもりなんだけどなぁ...
              何が原因だろう?
              帰りの車の中で原因を考えてました
              バッテリーの低下が原因で星が追いきれなくなってしまったのだろうかなんてね
              延べ使用時間を考えてもそろそろ おなくなりになりそうな時期なんだよなぁ...
              ん... どなたか "それはね、コレがアレでソレなんだよ" と親切丁寧に教えて
              くださる奇特な方はいらっしゃらないものでしょうか...(^-^:

              そんなワケで使用機材はこんな感じ
              カメラ:Canon EOS Kiss Digital N
              レンズ:SIGMA DC 18-200mm (200mm F6.3 にて撮影)
              赤道儀:Kenko Skymemo R


              ★。脱・若葉マーク:*:・゜ | comments(0) | trackbacks(0) | - |