a little touch of

it is better to travel hopefully than to arrive.

スポンサーサイト

2012.09.05 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - |

    夏の終わりの夜の夢

    2007.09.30 Sunday 23:46
    0
      岩がごろごろしている海岸で "こっちの岩" に飛び移れと言う謎の人物

      手を伸ばす姿は見えるが顔が見えない
      誰なんだろうと思う前に 知ってるヤツなのだけはわかる
      ただそれが誰なのかわからないのがこの夢の難点である

      潮の流れはキツく岩肌をすべる波の動きはよくわかる
      そういった場面の眼力だけは鋭い
      海は好きなのだが 深い所はダメ
      この年になっても解消できないトラウマを抱えたまま夢の中にまで出てくる始末(T-T)
      南の島の白い砂浜が続く海底には抵抗がないが岩だらけのゴツゴツしたあの景観が
      どうも苦手なのだ
      そういう景色を見て溺れかけた経験があるからなのだと思う

      言われるがままに岩に飛び移ったのはいいが波に体をさらわれてしまった
      思った以上に潮の流れがキツくそのまま流されてしまった

      ここで目が覚める
      翌日 discovery channel を見ていると
      どこかの南国の海を舞台にしたドキュメンタリーがあった
      島と島を結ぶ海峡には大小さまざまな小島があり
      ある時間になると潮の満ち引きで魚までもが
      海流に流されるような映像を目の当たりにした

      なんだったんだろう...
      こういうのはデジャブとは言わないまでも私の中では予知夢に等しい



      昨日 たまたま流れていた番組を見ていると
      どこかの島でイルカを保護し 自然に戻す活動をしている姿を目にした
      その夜 生まれ故郷の島の夢をみた
      モデルさんのような人たちがまるでエミー賞に参加するような出で立ちで
      写真家の指示を待っている
      色彩りどりのドレスに身を包み 青い海を前に待つ姿
      綺麗な姿に見つめていると睨まれるのである(涙)


      なんなんだこの夢は
      続きがあるのだけれど 最近こんな海の出てくる夢が多すぎる
      今夜は Emmy Awards に涙し笑ったがどんな夢が待っているのだろう


      ★。夢の足跡:*:・゜ | comments(4) | trackbacks(0) | - |